8/26 辻井伸行《自作&クラシック》オーケストラ・コンサート / サントリーホール

2015.09.20 Sunday 23:40
 感想書くのが、だいぶ遅くなってしまいました。
でも一か月近くたった今でも、まだ辻井氏の音が耳に残っているような気分なので、やっぱり感想書きます。

この日は、辻井氏の自作曲のコンサートでした。
自作曲コンサートを聴くのは、去年の12月以来です。
(っていうか去年は、5月頃に、辻井氏単独の自作曲コンサートをやっていたけれど、今年はやらないのかな?)
自作曲でオーケストラが入るバージョンは、初めて聴くので、ワクワクです。

ピアノはいつも通りスタインウェイ。
さあ始まるぞというところで、黒いタキシードの辻井氏が、指揮者と舞台に入ってきます。
今日の指揮者は女性で、辻井氏が女性と舞台に入ってくるのは初めて見たような感じで、こういうのもいいなあと思うのでした。

今日の曲目です。

【第1部】
辻井伸行:
いま日本は
川のささやき
神様のカルテ
マエストロ!
はやぶさ
ジェニーへのオマージュ
コルトナの朝
「美の巨人たち」オープニングテーマ/エンディング・テーマ

【第2部】
ガーシュウィン:
パリのアメリカ人 [室内オーケストラ版]
ラプソディ・イン・ブルー[ピアノ&室内オーケストラ版]


1曲目の「いま日本は」がはじまると、例によって、辻井氏らしい澄んだ、オーラのある音が流れ出すわけです。
ここ最近の辻井氏らしい、芯の通った輝くような音で、「おお、今日も来てよかった……!」という感じになります。
オーケストラはちょっと抑え目で入ってる感じだったかな。

2曲目は、「川のささやき」。
これは昔から弾いていただいてる曲で、何度か聴いているんだけれど。
今回のこの曲は、「音は進化した辻井氏のオーラをまとった音で、弾き方は以前の弾き方」、みたいな感じ。
しかしそれもまたいいのですよね。

ただ、ちょっと優しすぎたような?
でもオーケストラが優しい感じだから、これでいいのかも?

ここでトークが入りました。
「自作の曲をオーケストラと一緒にお届けするツアーは初めてで、とても楽しみです」とのことです。
私も楽しみです☆
ここから3曲は映画音楽です、とのこと。
「「はやぶさ」は、宇宙に行ったことがないので、作るのに苦労しました」と言っていたけれど、、、
辻井氏の音は宇宙から取り出しているのかってくらい深くて澄んでるから、「あれっ。辻井氏って、宇宙行ったことないんだっけ!?」って感じだよね。

3曲目は「神様のカルテ」。
これは、辻井氏がいいのは当然として、オーケストラがすごくよかった気がします。
編曲も演奏も。
そして辻井氏がすごく楽しそう。

4曲目「マエストロ!」は、最初の音が出た瞬間、「おおっ。これは今までのすべての曲と違う!」と思ったほど、かっこいい弾き方をしてくれてました。
っていうか、この弾き方のスタイルが、辻井氏の最新進化形態?
最初から、もうクラクラです。
3月にベートーヴェンの熱情の二楽章でクラクラになったけれど、あれ系の音でもっといい感じで、心の深い所まで入ってくるんですよね。

5曲目の「はやぶさ」も、「マエストロ!」のかっこいい弾き方のまま、素敵な感じでした。
アレンジもかっこよかったです。
絶対、辻井氏は宇宙行ったことあると確信しました(?)。

ここでまたトークが入ります。
このあとの二曲は、海外で作った曲だそう。

6曲目「ジェニーへのオマージュ」は、しっとりときれいで、特に中盤くらいのアルペジオが、「うっわ、さすがにきれいだなあ」とつくづくうっとりな感じです。

7曲目は「コルトナの朝」。
序盤のアレンジがよくて引き込まれました。

ここでトーク。
第二部でやる「ラプソディ・イン・ブルー」を初めて弾いたのは13年前、中学生のときだそうで、今回はそのとき以来の演奏みたいです。
ますます楽しみになってきます。

そして「美の巨人たち」のオープニングテーマと、エンディング・テーマです。
オープニングテーマはピアノソロ。
一音目から魂こもった音で、軽い音のところも魂がこもってる感じで、とてもよかったです。
進化後の今っぽい感じの音っていうか。
エンディング・テーマでは、オーケストラが入って、ますますいい感じでした。

ここで休憩になりました。

なんだか今日の辻井氏はとても楽しそうだなあって思います。
最初にコンサートに行ったとき、辻井氏は他のピアニストと比べると、力抜けててふわっとしている印象を受けたけれど。
でもやっぱり最近は、昔ほど、無邪気にただ楽しいって感じでもなくなって、たとえばショパンやリストのコンサートで、ずいぶん緊張感を持って気合入れて弾いてくれてたんだなあ、と当たり前なんだけれど思いました。
比較すると今日は、昔みたいに──いや、昔も緊張感持って弾いてたはずなのはもちろんだけれど、やっぱり昔みたいに──今日は無邪気に、ピアノが好きっていうのだけで弾いてるって感じで、こういうコンサートもいいなあって思ったのです。

そして第2部に入ります。

オーケストラが「パリのアメリカ人」を演奏した後、辻井氏が再び登場して、「ラプソディ・イン・ブルー」がはじまります。
やっぱりすごくよかったです。
ただ、辻井氏ファンの私からすると、もっと辻井氏のピアノが前面にでてほしかったなあと。。。
最初からもう、クラリネットじゃなくて、辻井氏のピアノで始めてもよかったんじゃないのかと。。。
──というのはファンだから思うことで(笑)、普通に考えると、アレンジかっこよかったです。
辻井氏のピアノが最初に入ってきたときは、どきっとするような入り方で、さすがに素敵でした。

途中で、「アメリカの1920年代はいい時代だった」みたいなテレビのときに流れるようなというか、ホ長調のきれいなメロディーのところがあると思うんだけれど、その旋律はオーケストラがやりつつ、そこへちょこっと入っていく辻井氏の音がかっこよすぎでした。
たったこれだけで、泣きそうにさせるのはやばいなあと。

ジャズらしい辻井氏の弾き方もまた好きで、今回はますます、これまで以上に素敵でした。
たまにテクニカルなフレーズでクラシック的なタッチが入るのも、なんかまたとてもいい☆
たまに「クラシックを弾く人は、タッチがクラシックだからジャズは弾けない」とか言う人がいるけれど、辻井氏はその辺を、今後ますます乗り越えていく気がするかも。
ジャズバージョンの辻井氏にも期待です。

アンコールの1曲目は、辻井氏のピアノソロで、ガーシュウインの「プレリュード第1番」。
これはもうちょっと聴いていたい感じでした。

ここでトークが入ってから、2曲目は辻井氏の「それでも、生きてゆく」。
これもオーケストラバージョンを聴くのは初めてです。
いつもより、ますますしっとりな感じでした。

何度も言ってしまうけれど、今日の辻井氏はとても楽しそうで、なんかこっちも嬉しい感じでした。

ただ、自作曲のコンサートしか行ったことない方がいるとしたら、クラシックの辻井氏のコンサートも聴いてほしいです。。。
また違った、素敵な魅力を感じるんじゃないかなって。

と書きつつ、明日(9月21日)は辻井氏のモーツァルトのコンサートに行ってきます。
私はモーツァルトはそこまで好きってほどでもないけれど、それでもやっぱり辻井氏ということで、もう楽しみすぎてクラクラです。
またレビューします☆
category:コンサート感想 | by:reinacomments(4) | - | -

7/16 辻井伸行 プレミアム・リサイタル≪ショパン≫&≪リスト≫ / 紀尾井ホール

2015.07.17 Friday 05:56
今日は三か月ぶりに、辻井氏のコンサートの日です。
朝からとても嬉しくて、午後も嬉しい気持ちで、紀尾井ホールに着くころには、「ああ、この世に辻井氏が生きてるって、本当にありがたいことだなあ」と謎の感謝をささげていました。

紀尾井ホールに入り、感謝を一通りやり終わったころ、辻井氏が舞台に入ってきました。
今日はチャコールグレイのタキシード、髪は3月のときほど固めてない感じだけれど、なんだかいつもより大人っぽく見えます。
余裕がある雰囲気というか、貫禄がある感じ。
拍手が終わると、今日の辻井氏はあまり椅子を動かさず、わりとすぐに弾きはじめました。


今日の曲目です。

ショパン:
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
ピアノ・ソナタ 第2番「葬送」

リスト:
ハンガリー狂詩曲 第6番
ピアノ・ソナタ ロ短調

1曲目は「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」です。
13年年末から14年3月までのツアーで演奏していた曲だけれど、そのときとは演奏全体の印象が違うって感じでした。
辻井氏は、13年夏くらいから14年夏にかけて、現在のバージョンに進化したと私は勝手に思っていて、その勝手な解釈でいくと、前回の演奏は進化の過渡期だったことになるのかな……。

たとえば出だしとか、以前は「きれい〜!」という感じだったのが、今は余韻がお互いに引き立て合うような、奥行きある音で、一言では感想が言えないかもです。
きれいで、深くて、きりっとしてて、しかもふわふわで、見たことのないところへ連れて行ってくれる感じっていう……。

辻井氏はこの曲を、きれいめ&のびのびした感じで弾いてくれるときと、情熱的&攻めの感じで弾いてくれるときとがある気するけれど、今日は前者かもでした。
……なんて考えている余裕も実はなかったほど、演奏が素敵すぎで、途中で例によってぼうっとしてしまい、
「もう何弾いているか分からないけれど、とにかくありえないくらいすごい」
というだけの感じで、──細かいけれど、「ララシラ」を引き立たせるところの弾き方が、なんか好き、とかぼんやり思っている間に、──気付いたら曲は終盤になってました。

最後はCDと同じくらいか、それ以上にスピードが速くて、しかも澄んだ音で、芯の据わった音で、奇跡すぎると思いました。

ハンカチで鍵盤をふいた辻井氏。2曲目の「葬送」がはじまります。
これも、2013年年末から2014年3月までのツアーで演奏した曲です。
しかもあのときも、「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」の直後だったような。

でも第一楽章から、もう前のときと全然違うんだよね。
前のときもすごくよくて、このブログにもそう書いていて、情熱が伝わってくる感じだったけれど。
けどもう今日のは、情熱が伝わるどころじゃなく、いや情熱も伝わるんだけれど、よくわからない大きなすごいものが現れて、客席を圧倒してるような感じでした。

第二楽章からは、聴いているうちに、何か大きくて硬いものが心の奥まで刺してくる? みたいな感じになってきました。
3月の「熱情」のときにちょっとそうだったけれど、今回ははっきりそういう感じです。(逆に、昔の音は、ふわっと心を撫でてくる感じだったような?)
その感触を味わったときに何となく、「辻井氏はもう誰が聴いても世界トップレベルのピアニストなんだろうな」という気がしました。

第三楽章は余韻同士の響き合いが美しかったけれど、これは最近の辻井氏の演奏では、もはや当たり前なのかな?
昔からの艶っぽい音と、最近の深い音が織り交ざって響いて、もうたまりません。

第四楽章は、辻井氏の解釈はやっぱり好きだなあという感じで、でももう少したってからの演奏も聴いてみたいな、というところで終わりました。

ここで休憩です。

トイレを待つ列で、マダム風のおばさまが、
「まあ〜本当に柔らかい音でね! しかも強くてねえ!」
と辻井氏の音を絶賛しておられました。
同感でございますと、心の中で頷きつつ、ふと気づくとトイレの中に、ホールのピアノを調律する音が響いていました。
今日はコンサート始まる前にも、舞台の上で調律やってました。
ライブ録音してたせいかな?
書き忘れていたけれど、ピアノはいつものようにスタインウェイでした。

後半の1曲目は「ハンガリー狂詩曲 第6番」です。
もともと辻井氏は、音が多彩だと思うんだけれど、音の種類がまた三倍くらいに増えた気がします。
なんか高音だけでも五種類はあるよね?(もっとか?)
この曲は、いろんな音色が気持ちよく混ざって、素敵でした。

一昨年の夏に河口湖でこの曲を聴かせていただいたときは、素敵な野外劇場だったんだけれど、すぐ外で花火が響いていて、ちょっと演奏がよく分からなかったので(でも辻井氏は全然花火に動じていなかったけれど)、あらためて聴けてよかったです。

2曲目は「ピアノ・ソナタ ロ短調」。
辻井氏の演奏は、豪華というか雄大というか、格調ある感じが加わりつつあるような?
この前の3月のときの「熱情」でもちょっと思ったけれど、この曲は間違いなくそういう感じでした。
あと、辻井氏の演奏は空っぽい感じが多いけれど、この曲は空っぽい広さもありつつ、水っぽかったというか、しっとり潤っている感じでした。

そして、アンコール。

1曲目はリストの「愛の夢 第3番」。
いつもよりダイナミックな「愛の夢」で、こういうのもいいですよね。
いつもの繊細な感じもあったし。
でもこのダイナミックなタッチで、むしろ「革命」を弾いてほしいなあと思ってしまいました。
辻井氏の「革命」は、誰よりも最高だと思うのです…。

と、「愛の夢」を聴きつつ、「革命」に浮気しているうちに、辻井氏のトークがはじまりました。

「紀尾井ホールは響きがいいので、気持ちよく集中して弾くことができました」とのことで、こちらも何となく嬉しい気分になってしまいます。
そして、「みなさまいかがでしたでしょうか」と言う辻井氏に、客席が拍手して、辻井氏が「みなさまの盛大な拍手にお応えして──」と、次の曲名を言うという、いつもの流れが来ます。
次は自作曲かな。
それとも次で最後なら、そしたらショパン?
と思っていると──
「みなさまの盛大な拍手にお応えして、ショパンのエチュードから「革命」を演奏します」

え? ……え? ……か、革命? えっ……!

というわけで、アンコール2曲目は「革命」でした。
すごく嬉しかったです……辻井氏、ありがとう……。
素晴らしすぎて何も言えないというか、これほど魂に来る「革命」って、ないんじゃないのかってくらいでした。
去年2月の「革命」が今までで最高によかったと思っていたけれど、今日もよかったです…。
辻井氏のエキスのうちの、「艶っぽい」「かっこいい」「きれい」がちょうどよく混ざってる感じでした。
他にも何か秘密のエキスが混ざっているのかも。。。?

終盤で、なんか聴いたことのない不思議な音が響いてました。
なんだろう?
また、辻井氏進化の予感……なのかな?


という感じで、今日もとっても良かったです。
安定して素晴らしいっていう感じでした。

さっき、「辻井氏はきれいめ&のびのびした感じで弾いてくれるときと、情熱的&攻めの感じで弾いてくれるときがある」と書きましたが、だいたい、東京の1日目はのびのびで、2日目は攻めたダイナミックな感じが多いと、勝手に思ってます。
2日目の明日はダイナミック路線かな? なんてね。

明日は行かれないけれど、きっとまた素敵なんだろうなあと思います。
category:コンサート感想 | by:reinacomments(4) | - | -

辻井氏のラフマニノフ3番@マンチェスターをラジオで

2015.05.19 Tuesday 19:53
イギリスのマンチェスターでやった、辻井氏のコンサートを、今日(19日)の夜、BBCのラジオでやるみたいです。
イギリスで14時からなので、日本時間の22時からの番組かな。
辻井氏のラフマニノフは、午後2時50分からとなっているので、日本時間の午後10時50分くらいから始まりそうです。

(下のページからではなく、↑上のページから見てください。ごめんなさい <22時追記>)
こちらのページから見られるっぽいです。

概要はこちら。
辻井伸行ピアノ 
佐渡裕指揮
BBCフィルハーモニック
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番

2.50pm
Rachmaninov Piano Concerto No 3
Nobuyuki Tsujii (piano)
BBC Philharmonic, Yutaka Sado (conductor)

佐渡裕さん指揮で、BBCフィルハーモニックとの共演のラフマニノフというと、一昨年の4月くらいにラフマニノフの2番をやってましたね。
あれもよかったけれど、あの時より、辻井氏の音は4つか5つレベルが上がって素敵になっている気がするので、楽しみです。

ラフマニノフ3番は、東京のサントリーホールで今年の1月28日にやってくれてました。
素晴らしかったです。
そのときのオーケストラは、ヴァシリー・ペトレンコ指揮のロイヤル・リヴァプール・フィルだったので、このラジオのとはまた違うはず。

楽しみです。

私はこの情報を、mlliu2006さんのTwitterで知りました。
どうもありがとうございます!!

いま辻井氏は日本を離れていて、しばらく日本でのコンサートがなくて寂しい時期ですが、mlliu2006さんは、いつも色んな場所での辻井氏の情報を伝えてくださって、とても嬉しいです。
category:お知らせ | by:reinacomments(2) | - | -

Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recent entry
Category
Archives
Recent comment
  • 11/7 辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 “極上のモーツァルト” プログラムA / オペラシティ コンサートホール
    reina
  • 11/7 辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 “極上のモーツァルト” プログラムA / オペラシティ コンサートホール
    M. L. Liu
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    reina
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    Harimao
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    M. L. Liu
  • 3/28 辻井伸行 日本ツアー《ショパン・リサイタル》 / サントリーホール1日目
    reina
  • 3/28 辻井伸行 日本ツアー《ショパン・リサイタル》 / サントリーホール1日目
    M. L. Liu
  • 7/16 辻井伸行 プレミアム・リサイタル≪ショパン≫&≪リスト≫ / 紀尾井ホール
    reina
  • 8/26 辻井伸行《自作&クラシック》オーケストラ・コンサート / サントリーホール
    reina
  • 7/16 辻井伸行 プレミアム・リサイタル≪ショパン≫&≪リスト≫ / 紀尾井ホール
    阿弖流爲
Link
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM