3/30 辻井伸行 日本ツアー《熱情》 / サントリーホール

2015.03.31 Tuesday 04:58

1年ぶりくらいで、レビューを書きます。
こんにちは。
書いていないコンサートの感想も、いつか少しずつ書こうと思いつつ、今日のことを先に書いてしまいます。

さて今日は、去年7月の「プレミアム・リサイタル」以来のソロ・コンサート。
ワクワクです。
このツアー、始まってから、もう1か月たっているんですね。
練れた演奏になってるんだろうなあとか、期待が高まるのであります。

舞台の上には、艶消しした黒って感じの色の、金の鋲みたいのが蓋についたかっこいいスタインウェイが。
いつもこれだったっけ? 違うよね? そういえば一昨年の河口湖のコンサートがこんなピアノだったような…?
とか考えているうちに、辻井氏が登場です。

今日の曲目です。

ショパン:
ノクターン第1番
ノクターン第2番
舟歌

リスト:
コンソレーション第3番
メフィスト・ワルツ第1番

ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ第8番 悲愴
ピアノ・ソナタ第23番 熱情

辻井氏は一昨年の8月くらいから、硬くて深い、昔と全然違う音を出すようになった気がしています。
去年の夏の終わりくらいには、それがもうすっかり定着したような感じ。

で、1曲目の「ノクターン第1番」です。
最初のフレーズから、最近の辻井氏っぽい芯の入ったきれいな高音が響いてきて、ぞくりときました。
最近の辻井氏は、細かい強弱とか何がどうしたとかより、全体のリズムと流れで引き込んで、こっちの耳から身体まで操って来る感じで、たいして集中せずにぼうっとして聴いてたとしても、心が動いてしまうって感じです。

今日は高音が、「ぽきり」って感じの音っぽいかな?

2曲目の「ノクターン第2番」は有名どころですが、「これ、こんなにいい曲だったんだなあ」と何度か気付いてしまう演奏でした。
高音の細かい音も、さすがにきれいだなあ……。
一昨年末からのツアーでよくアンコールに弾いてた「ノクターン8番」でも、そういえば高音の細かい音がすごくきれいだったのを思い出します。

演奏と関係ないけれど、辻井氏の表情がこの曲だけ特に、凛々しかったような?(いつもは、神と交信しているようなふわっとした表情だけれど)
この曲だけじゃないのかな?
この後の休憩のとき、廊下ですれ違った年配の男性は、奥さんらしき人に「なんかこう、辻井くんは、凛々しくなったなあ?」と、あんたの甥かよというくらい親し気に褒めてました。

そして3曲目の「舟歌」です。
CDではすごく好きでよく聴いていたんですが、ナマで聴くのは初めてです。
期待しまくりで、あのイントロを待ち受けます……

ああ、CDより微妙に速いんだな、とか出だしの頃は思っていたけれど、そんなことはすぐにどうでもよくなりました。
ものすごくよくて、最高すぎでした。
何度も身体中がゾクゾクと来て、腰が立たなくなるんじゃないかと思ったくらいです。

音楽って、涙腺に直接くると思うんですよね。
普通は泣くときって、まず感情が盛り上がって、そこから涙になっていく感じだと思うんですよ。
でも音楽の場合は、音に心が占領されてるから感情とか別に動いていないのに、身体の中にたまってきた音楽が、直で涙腺を刺激してくる感じ。
そして涙が出そうになったときに、演奏が終わりました。

すごいなあ、もう今日はこれで帰ってもいいくらいだなあ、とか思いつつ、これじゃあ周りの人も全員気絶してるんじゃないかと心配して見回しましたが、大丈夫そうでした。

4曲目は結構好きな「コンソレーション第3番」でしたが、直前の「舟歌」がよすぎて、ぼうっとしてしまっていたので、あまり聴けてなかったです……。
きっとよかったと思うんですけど……高音とかもきっと……
明日は聞いてきます。

5曲目は「メフィスト・ワルツ第1番」。
これもCDで何度も聴いている曲で、いつの間にか比較してしまってました。
CDは07年4月に録ったみたいなので、辻井氏が昔の弾き方だったとき……とも言えるかな。
そうなると今回の演奏は、昔の音と今の音が混在しているみたいな感じで、ちょっと面白かったです。
終盤からは、なぜか今の音だけになってました。私はその方が好き……かな。

休憩を挟んで、ベートーヴェンです。

まずは「ピアノ・ソナタ第8番 悲愴」。
第一楽章は、辻井氏らしい感じで、よかったです。
私は辻井氏の、まとめるところとばらけさせるところのバランスというか、そういうのも好きで、この曲ではそれが特に私好みだったのかもです。
もう少したった時点での演奏も、また聴きたいです。

第二楽章は、当然すごくいいんですけれど、ちょっと優等生っぽいような……あっさりしすぎなのかな……いや、それが狙いなのかもしれないけれど、感傷みたいなのがちらっと見えてもいいのかなあ、とか思ったり。
でもあんまり感傷的になるとうざくて、それくらいならあっさりがいいのは間違いないけれど、どうなんだろう……
ともかく、よかったのはもちろんです。

第三楽章は最高に良かったです。
艶っぽい音で、さすが辻井氏という。
震えそうです。というか震えます。
大筋でかっこいいんだけれど、そこに時々入る夢のような感じがまたよくて、「ああ、夢のような悲愴っていうのもなんか素敵だよなあ」とかぼんやり思ってました。

ここで、辻井氏はハンカチで顔と鍵盤を拭き、次の曲「ピアノ・ソナタ第23番 熱情」へ。

第一楽章は、完成度高いってこういうことを言うんだね、という演奏でした。
辻井氏の深い音はとても好きです。
ショパンの「ピアノ・ソナタ2番」も、とても深い音がよかったけれど、そのときより腰が座ったような音でした。

第二楽章も引き続き深い音の感じ。
何かもう深すぎて、誰も知らない宇宙のバランスを体現してるんじゃないかってくらい。

第三楽章はすごくかっこよかったです。
しかも辻井氏の場合、かっこいい中に、ふわったとした感じがあるのでたまらないです。
辻井氏はかっこいい系も似合うんですよね。
一時期よくアンコールで弾いてくれたショパンの革命とかもかっこよかったし、Op.10-4もすごくかっこいいし。
これから年齢を重ねると、かっこ色っぽいみたいになっていくのかな。

ここからアンコールです。

1曲目は「ノクターン 第20番 遺作」。
一昨年末からのツアーで一曲目に演奏していた曲ですが、あのとき聴いたどの感じとも違って、ただのきれいな音とかというより、芯の通ったきれいな音というか、ゾクゾク来る音って感じでした。

ここでトークが入りました。
今日はあっさりな感じでした。

2曲目は「今日の風、なに色?」。
ラジオ番組を持つことになったお母さまから、オープニング曲を作曲してと頼まれて作ったそうです。なんと今日が初演だそう。
辻井氏らしい曲の雰囲気で、よい感じ。
辻井氏にはかっこいい系の曲も作ってほしいなあ。

3曲目は「ラ・カンパネラ」。
最近、アンコールはこの曲が多いっぽいかな。
今回もよかったけれど、去年の九月三日の演奏が今までで一番好きかも。
硬い高音がキンって鳴るんだけど、それの鳴らし方が好きです。


今日のコンサートは、きれいにまとめるというより、攻めてるって感じの印象で、聴いていてすごく楽しかったです。
でも辻井氏は無難に守って弾くより、挑戦していく感じの演奏の方が多い気するかも。
私はこぎれいな感じよりも、その方が好きです。
私が好きでも仕方ないか(笑)。

明日も楽しみです。
category:コンサート感想 | by:reinacomments(2) | - | -
Comment
こんにちは。 アメリカから~ 私は辻井伸行くんのファンです。
Please forgive me for not being able to write in Japanese.

It's so good to see a new posting! I am glad that you still enjoy the music of Tsujii-san!
  • M. L. Liu
  • 2015/03/31 6:27 AM
Thank you for your kind message!
お久しぶりです。
このブログのこと、覚えていていただいて嬉しいです。

去年もずっとコンサート行っていたのに、なかなか感想が書けなくて残念でした。。。また書きます。
またよかったら見に来てくださいね☆
  • reina
  • 2015/03/31 3:52 PM








   

Calender
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Recent entry
Category
Archives
Recent comment
  • 11/7 辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 “極上のモーツァルト” プログラムA / オペラシティ コンサートホール
    reina
  • 11/7 辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 “極上のモーツァルト” プログラムA / オペラシティ コンサートホール
    M. L. Liu
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    reina
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    Harimao
  • 9/2 辻井伸行 音楽と絵画コンサート / 東京芸術劇場 コンサートホール
    M. L. Liu
  • 3/28 辻井伸行 日本ツアー《ショパン・リサイタル》 / サントリーホール1日目
    reina
  • 3/28 辻井伸行 日本ツアー《ショパン・リサイタル》 / サントリーホール1日目
    M. L. Liu
  • 7/16 辻井伸行 プレミアム・リサイタル≪ショパン≫&≪リスト≫ / 紀尾井ホール
    reina
  • 8/26 辻井伸行《自作&クラシック》オーケストラ・コンサート / サントリーホール
    reina
  • 7/16 辻井伸行 プレミアム・リサイタル≪ショパン≫&≪リスト≫ / 紀尾井ホール
    阿弖流爲
Link
Profile
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM